About / Contact

  • Blog
  • KIBARI PROJECT たまプラーザの家 地鎮祭!

KIBARI PROJECT たまプラーザの家 地鎮祭!

2020.12.19

Blog


本日、たまプラーザの家の地鎮祭を無事執り行いました。
雨も心配されましたが・・お天気もなんとかもちちょっと寒かったですが
厳かに式を収めることが出来ました。

今回のお施主さんは若いご夫婦
最初にお会いしたのは今年の3月でした
購入されたい土地の候補はおありでしたが、全体の資金計画や展示場は回ってみていたもののどちらに建物を依頼すべきかなど色々と迷われていらっしゃいました。
ハウスメーカでつくる、工務店でつくる、建築家でつくる
同じ家を創るのでも依頼先が変わると、出来る事や資金も変わってくる事をフラットに
ご説明したのを覚えています。

打ち合わせの途中でこんなお話しをお聞きしました。

たまプラーザは0歳から4歳までを過ごし、引っ越してからも藤が丘の祖父母を訪ねる際には何度も訪れ、社会人になってからはたまプラーザで一人暮らしもし、結婚を機に住まいをたまプラーザに決めら、現在は子育て真っ最中!
たまプラーザはご主人にとっては「他ならぬこの街」であり
その他ならぬこの街に、「たまプラーザでなければ実現されなかったであろう家」
つまり「他ならぬこの家」と思える家を建てたいと思っている。

何となく大手ハウスメーカーに魅力を感じることができず、
かといってそれ以外の方法もよく分からずに、家づくりが全然楽しくなく閉塞感の中にいた時に縁あって私とお話しをし「やっと息ができた!」と感じて頂き、進む方向が見えた気がした「家づくりはこの人に併走してほしい!」と思ったと・・

その話を伺った時に無性に嬉しくなり、なんかじ~んときました。
出来る事ならその夢の実現を手伝いたいと強く思いました。
この気持ちを設計、施工の関係者とも共有し私たちの出来る事を精一杯ご提案させて頂きました。

結果、色々とご検討頂いた上で
建築家と工務店の家づくりのハイブリットであるKIBARIの家を選んで頂き今日に至りました。

なんで今日の地鎮祭、とっても嬉しいんですよね。
来年からいよいよ着工です!本当の意味での夢の実現に向けて
関係者一同、頑張っていきたいと思います。

本日はおめでとうございます。  〈To-yama〉

KIBARIの家HP

この記事のタグ

to page top