About / Contact

  • 施主様インタビュー
  • お客様の声:土地を買って新築・横浜市保土ヶ谷区O様 「建築家同行で候補地に行ったことで土地購入を決断できました」

お客様の声:土地を買って新築・横浜市保土ヶ谷区O様 「建築家同行で候補地に行ったことで土地購入を決断できました」

旗竿地でも明るいリビングダイニングを実現されたO様にお話をうかがいました。

Oさんの家づくりは何からスタートしましたか?

O様 まずは都内の新築マンション探しから始めました。私たちの予算からすると、都内のマンションだと70平米くらい。でも、将来家族4人で住むことを想定すると狭いなあと。金額と広さが見合っていないと感じました。建売りも見ました。でも、せっかくお金を出しているのに、決まった部材の組み合わせでつくる建売り住宅では、賃貸と変わらないのではと思い悩みました。

そんな中で、どういった経緯で建築家にたどり着いたのでしょうか?

O様 会社の先輩が家を建てたというので話を聞いたところ、「自分はハウスメーカーで建てたけど、また家づくりできるなら、次は建築家にお願いするかな〜」と言ったんです。予算は多少上がっても、自分が住みたい家を叶えるには建築家と自由設計をするべきだと、考えるようになりました。建築家とのマッチングサイト「Houzz(ハウズ)」で調べて、リツデザインさんにたどり着きました。アドバイスをくれた先輩もハウズで調べてくれて「この建築家さん、いんじゃない?」と探してくれたのが、なんとリツデザインさんだったんです。

建てる家から考える土地探し=『逆転の発想』 という考え

O様 土地も持っていない状態でしたが、リツデザイン事務所に行って話をしてみると「土地も一緒に探します。むしろ土地を一緒に探せるのは嬉しいことです。」と言ってくださったんです。住宅展示場では「土地はまだないんです」と言うと難色を示されたので、リツさんから一緒に探しますと言ってもらえた時はとても心強かったです。

いよいよFDBの登場となります。リツデザインさんには「仮に、設計は私に頼まないことになっても、土地探しは絶対FDBさんに任せた方がいいですよ!」と言われたそうですね。

O様 FDBさんの存在は本当に有り難かったです。土地の押し売りをすることなく、「土地をいくらまでに抑えないと、ご希望の建物が建ちませんよ。」と言っていただき、コストを逆算して考える発想に導いてくれました。

FDB 建てる家から考える土地探し、まさに逆転の発想ですよね。『土地探ししてから設計・建築』という一般的なフローを、『設計・建築を想定して土地探し』と逆に進めていくことで、お施主様の予算の総額を最初から計画的に組み立てることができます。設計・建築への妥協も、想定外の出費も抑えることができますね。

建築家同行による候補地の視察

建築家(設計・施工のプロ)と一緒に候補地に立つ

O様 この土地はFDBさんとリツデザインさんと一緒に見に来ました。区画分割されていて、道路に面した土地の方が希望だったのですが、既に売却済みで、奥側になる旗竿地を買うか買わないかという選択肢でした。

ここからが建築家と土地探しをする最大のメリット!

O様 リツデザインさんが土地に立って、その場でササーっとラフプランを描いてくれたんです。「ここは住居専用地域で、あそこの隣家は新しいからこれ以上ものが建たないでしょうし、あそこの隣家は古いので建て直すことはあると思いますが、日射の角度を考えればリビングは1階でも充分陽が入ります。」とアドバイスもいただき、建てる建物のイメージが付き、安心してこの土地の購入を決めることができました。

リツデザインによる土地購入前のラフプラン

FDB 土地探しに建築家が同伴することは、このように大きなメリットがあります。建築家は、土地に家がどう建つのかが瞬時にイメージできます。さらに、僕らが資金計画を引くことで、その土地を買ったらどうなるか、お金の話も具体的にできる。このフローが建築家との家づくりのスタンダードになっていったらいいなと思っています。

O様 土地の候補には、きれいな正方形型の土地もあったのですが、リツデザインさんに「ここは北側の立地上、リビングを2階にしないと陽が入らないので、Oさんのご希望の1階リビングが叶わないですね」と専門家目線での意見をいただけたので購入には至りませんでした。自分たちだけで土地を探していたら、全然違う土地を購入して後悔が残ったと思っています。

「予算はこれだけあります」 といっても、費目には何があり、いつ支払うかが重要

O様 FDBさんに予算をお伝えし、資金計画をお任せすることにしました。ローンはどのくらい組めるか、自己資金はどのくらい用意すればいいのか、月々いくら払えるかなど、色々相談にのっていただきアドバイスをいただきました。

FDB 住宅ローンは引き渡し時に一括で実行されるものも多いですが、銀行によっては分割融資というものもあり、土地の購入時や着手金の支払い時など先行して融資が受けられます。建築家との家づくりの際は、分割融資があって尚かつ金利が安いものが必須だと言えるでしょう。今回はOさんの条件にあう銀行を選びました。

O様 諸費用というものがあり、全体予算の10%くらい掛かるということも初めて知りまして、仮に建売り5,000万円で買うと考えていても、最終には5,500万円かかってしまったということになるんですから、必要な項目を知っているのと知らないのでは雲泥の差ですよね。FDBさんには最初の段階から資金計画をたてて詳しく説明してもらえたのは本当に心強く安心でした。

当初は5000万円ぐらいでマンションや建売りを探し始めていたOさん、最終的にはどのような予算配分になったのでしょうか?

FDB 最初は、立地の土地約3,000万+建築設計約2,000万+諸費用約500万という配分で土地を探し始めました。

O様 最初は駅近で探しましたが、高いわ狭いわで、いい物件と巡り合えずでしたね。既に建売りとなってしまっているものも多くて…。

FDB そこでバス移動の立地も視野に入れることになりました。そうすると、土地約2,000万+建築設計約3,000万という配分で組めるようになり、設計・建築で出来ることの幅がグンっと広がりました。

O様 土地代が安く抑えられることで、家づくりでやりたいことが増えることになり、結果的にいい判断ができたと思っています。

資金計画を何度も見直し、想いが叶った最高品質のキッチン

O様 こだわりのキッチンにする!それは最初からブレない想いでした。この天板は一面セラミックです。これはさすがに予算を圧迫したので、FDBさんとリツデザインさんとで「他で削りましょう」と、トイレや玄関の部材の見直しを考えて提案してくれました。結局かかった予算は最終的には増えましたが、もう何も後悔していません。

建築家同行でショールームに行き、組み合わせなど厳選したシステムズヤジマのペニンシュラキッチン。

=取材後記=
玄関アプローチを抜けてお宅の中に入ると、大開口のリビングスペースが広がるOさん邸。旗竿地なのに、天窓から入る陽が家中を照らし、昼間は照明がいらないほどです。玄関を兼ねたタイル貼りの土間スペースは床暖房で暖かく、お子さんが色とりどりのおもちゃを広げて家中を使ってのびのびと遊ぶ姿に、こちらまで元気をもらいました。
土地購入前に建築家によるラフ設計を入れ、実際のお宅は、ほぼその際のプランでの建築となったそうです。FDBによる 『建築家を巻き込んで、建てる家から考える土地探し』 をすることで叶った暮らし。Oさんは取材をとおして何度も「建築家はそれぞれの好みがあると思いますが、土地探し・資金計画はFDBさんに依頼すべき!家を建てる友人がいたら絶対FDBさんを紹介します!」とおっしゃっていました。
Oさん、貴重なお話をありがとうございました!

取材 江尻・オガワ(編集部)

この記事のタグ

to page top